椰子の実ブログ

自分の強みを活かしたい人、メンタルコントロールをしていきたい人へ情報を提供していくブログ。雑記含む。

専門実践教育訓練給付金の手続きに手間取るの巻

椰子、キャリコン取るってよ!

でもキャリコンって35万前後の費用がかかる。払えなくはないが高額…!ってことで、費用を最小限に抑えるため、専門実践教育訓練給付金を使うことにしました。

受講前の手順:

1:自分の通うスクールを決めて、申込み

2:自宅最寄りのハローワークに行って、手続方法や書類一式について聞く

3:手続きに必要な書類を集めて、再度ハローワークに持参
(事業所の証明書をもらえない方は、訓練前キャリアコンサルティングを受けて、ジョブ・カードをもらう必要もある)

上記、受講の1ヶ月前までに済ませておくこと。
(※ハローワークに相談したら、直前で受け取ってもらえた例もあるらしい…?)

 

手続きの感想

いやいやハローワークに2回行くために平日に2回お休みを取るのが大変なんだけど。。。様式とかネットに載せといてくれたら楽なのにね…。でも、これで少しでも費用負担が減らせるなら、と思い、手続きの真っ最中。

 そんなに難しいものはないけど、事業所証明書かジョブ・カードかは迷った…僕は、ジョブ・カードはハローワークにての待ち時間が長いってブログを見て、事業所証明書にしました。せっかく人材系に勤めていて、実際に業務で活かそうと思っているんだから、証明書もらえたほうが手続き的に楽だし。ね。

ちなみに、椰子もまだ3.の手続きができていません。10月から開始なので、僕も8月中にすべての手続を処理しようと思ったのだけれど、事業所証明書が間に合わない可能性が出ており…涙。なんとか乗り切れるか?

専門実践教育訓練給付金とは?

指定の講座について、授業の8割受講で5割、ストレート合格+在職中(もしくは転職決定)で追加で2割返金。かつ、仕事でも、活かせる、これは美味しすぎる…!!キャリアアップを考える人にとっては役立つ制度だし、キャリコン以外にも産業カウンセラーや福祉・看護系の資格、社労士なんかもあるので、資格取得を考える人は一度は調べてみるべき!

▼以下のサイトが個人的に一番わかりやすかった!

www.gov-online.go.jp

あと、制度でよくわからないとか手続き難しいとかあったら、専門学校側に聞くのもあり!利用する人多いってことで、かなり詳しく教えてくれるよ!

追記(2018/09/02)

2回目の申請、提出のみ、5分程度で一瞬で終わりました(待ち時間は20分くらいあったけど)。やっぱり事業所証明書の威力はすごい!