椰子の実ブログ

自分の強みを活かしたい人、メンタルコントロールをしていきたい人へ情報を提供していくブログ。雑記含む。

読書レビュー〜効率的な仕事ライフを探る(仕事の渋滞は「心理学」で解決できる/すごい効率化)

椰子は読書が好きです。ジャンルは問わないけれど、中でも、自己啓発系やビジネス系の読書が多め。

その理由は2つあります。

1つは、直接的に仕事で活かすためってのがひとつ。もともと事務職出身で処理系は強いのだけれど、キャリアアドバイザーって思った以上に事務処理も多くて、ひとりひとりに向き合うよりも手続きに追われがち。少しでもそこが解決するなら、より本質的な部分に力を注げるんじゃないか?と思って。よくサラリーマンにありがちな理由ね。

そしてもう1つは、自分自身のやりたいことや方向性をより明確にしていくため。どうしても視座が狭まってしまって、今のことで手一杯になる。日々の疑問もそのまま流してしまう。そんなときに、「自分自身って何のために働いているんだっけ?」とか、そういったものを取り戻す。自分自身のキャリアを考えるためにも、インプットが必要。

そして、情報のインプットだけでは不十分だと思って開設したこのブログ、アウトプットもしていければと!

 

仕事の渋滞は「心理学」で解決できる

仕事の渋滞は「心理学」で解決できる

 

一番の気づきは、「受信トレイでいきなり作業するのではなく、処理トレイをつくる」という考え方。

僕はお客様からのメールも社内のメールもすべて受信トレイで対応していたんだけれど、毎日メールの処理ばかりで終わっている印象でした。
それが、処理トレイを作って3日間、処理トレイが空なら、残りのは明日でいいやんって思える。
この、精神的ゆとりがぱねぇ。これ知れただけで読んだ意味があったと感じる。

 

そして、毎日続けるためには分割して予定入れよう!とか、スケジュール管理に関する具体的な話。

そうそう、人材サービス系って残業が多めになりがち。だから、従業員の安全衛生の観点で、僕の会社は夜22時でPCはOFFになるし、残業が月40時間を超えるとガチで怒られる。

とはいえ、現場から言えば、「仕事は減らないし、お客様からの希望もあるし、、、」ってなるよね。こうやってサービス残業が生まれるんだ、って悪循環なんだけど。笑

こうやって書きながら振り返って見ると、残業制限があるから、効率的な方法を考えるんだなぁと実感しました。これって人材以外でもよくある話だし、こうやって残業が増えることで働く人が余裕なくなることってよく聞くしね。

やりたい人は残業すればいい、とか昔は思っていたけど、今は違うと思っている。そう思って呟いたのが↓のツイートね。

 

すごい効率化

すごい効率化

 

 筆者の徹底した考え方と行動力には尊敬の念。予定も全て断って、目標に向けて日々トレーニングするストイックさと達成力よ。そして、その手法を分析した本書。

すべての行動に「意味があるのか?」と問いかける姿勢が重要と感じた。行動して検証して、目的に向けて意味がないものは削る、意味のあるものは続ける、続けるために必要なことは実行して、要らないものは避けるようにする。

なんとなくスマホを見たり、なんとなくメールチェックしたり、そうやって無駄な時間が生まれる。無駄な時間が絶対ダメだ、というわけではないけれど、自分自身が「だらだらしたい!」と思ってするのと、なんとなくだらだらするのは違うのかな、と。

この”なんとなく”って結構曲者で、仕事した気になっちゃったりする。終わったら結局何も残っていなかったり、自分自身で目標を見失った結果、実行するのに躊躇したり。

そういったひとつひとつに意味づけをする、これって達成の近道だよなぁと思う。まだ目標自体が漠然としているフシがある自分にとっては、具体的な意味づけが将来への一歩になるような気がしている。

あと、面白いと感じたのは、「睡眠やメンタルコントロール」まで触れているという点。継続的に続けるには、ただ単に管理して効率的に取り組むだけではなく、その母体となる体力面にも触れられるとは思わなかった。

 

P.S.

なんとなくいった公営の図書館で、2017年の本にめぐりあえた。すごく小さな図書館なのにね。これまで最新本を書店で購入してたけど、図書館もしばらく利用しようと思う。